「よし焼き」前の最後のコミミズクに、しつこく挑戦するも・・・【2017.3.16~18】

「えぇ~~っ!また、行ったのぉ~!」

良い写真が撮れても撮れなくても・・・
他人の評価がどうであろうと・・・

「コミミズク」撮影の千秋楽は残念ながら結果が出なかった。

でも、ここまでやれば本望である。
2月8日初回で、今回までに積もって5回!車中10泊で15日の「コミミズク」撮影となった。



010 (1)2017-3-16

かわいいねぇ~
007 (1)2017-3-16

013 (1)2017-3-17



「よし焼き」・・・渡良瀬遊水地
018 (1)2017-3-18

023 (1)2017-3-18

地獄の黙示録のような・・・
034 (1)2017-3-18

おまけ・・・?
037 (1)2017-3-18

スポンサーサイト

コミミズクに魅せられて・・・4度目の挑戦も空しく・・・【2017.3.8~12】

菜の花と、葦原と、冬枯れの立ち木を背景に、優雅に飛ぶコミミズクをイメージして出掛けた・・・
車中4泊5日の甲斐も無く、納得のいく写真が撮れない。

ボロボロになり、帰宅途中の車中うな垂れていたが・・・
しかし、今では鳥撮りの宿命と、思いのほか元気である。



夕方5時半頃の夕陽
023 (1)2017-3-10

奥の枯れ木の上半分が夕陽に染まり不思議な色彩に・・・
021 (1)2017-3-9-1000

011 (1)2017-3-9

064 (1)2017-3-12

なぜか寂しい・・・
017 (1)2017-3-9

断わりなしに写真撮るんじゃねぇ~ヨ!
062 (1)2017-3-12

055 (1)2017-3-12

050 (1)2017-3-11

043 (1)2017-3-11

041 (1)2017-3-11

015 (1)2017-3-9

068 (1)2017-3-12

手前のスペースは、勝手にお気に入りの私の駐車場?
008 (1)2017-3-9

054 (1)2017-3-11

川から靄の立ち昇る早朝6時過ぎ
007 (1)2017-3-9

009 (1)2017-3-9

030 (1)2017-3-11

三度目の正直ならず残念!「二泊三日の甲斐も無く(コミミズク)」・・・【2017.3.3~5】

一度目と二度目は あてにならないが、三度目は確実とのことわざがある・・・
満開の菜の花がらみの「コミミズク」が撮れなかった?

あまりにも多くの車とカメラマンに驚いたのか?・・・コミミズクは菜の花まで近づいて来てくれなかった。

しかし、早朝からのスタンバイのお土産に、幻想的な朝陽が撮れてラッキーでした。




朝6時半ごろ、川から立ち昇る靄に朝陽が射し込み幻想的な風景に・・・
017 (1)2017-3-5

川からの靄(もや)が雲海のようです
018 (1)2017-3-5

コミミズクは二日目の夕方5時に来てくれたが・・・証拠写真程度
015 (1)2017-3-5-2

ホオジロ
013 (1)2017-3-5

朝の青空に熱気球
005 (1)2017-3-4

019 (1)2017-3-5

パラグライダー(タンデムフライトのようです)
011 (1)2017-3-4

024 (1)2017-3-5

通りすがりのライダー
012 (1)2017-3-4

車中1泊2日間で「コミミズク」に再チャレンジ!【2017.2.14~15】

どうしても!咲き始めた菜の花がらみで・・・
季節感のある「コミミズク」をと・・・2日間粘った。
2日目は朝7時からポイントへ・・・待ちわびたコミミは、結局夕方4時に現れた。
夕闇にコミミのシルエットを後に帰路に付いたのは午後6時!長い一日は終わった。

初日の午前中に、珍鳥「ヤツガシラ」が撮れてラッキー!


029 (1)2017-2-14

068 (1)2017-2-15

051 (1)2017-2-15

056 (1)2017-2-15

022 (1)2017-2-14

023 (1)2017-2-15

064 (1)2017-2-15

珍鳥・・・ヤツガシラ
014 (1)2017-2-14

002 (1)2017-2-14

006 (1)2017-2-14

パール富士(富士山がぼんやりして・・・残念):【2017.2.12】

まだ暗い4時半に、むっくり起きてベランダに出たら満月が西の空に・・・
急遽!パール富士に挑戦・・・三浦半島の葉山あたりに車で急いだ。

気温が少し高く湿度があったのか、富士山がぼやけて残念!

am6:39
007 (1)2017-2-12

am6:46
016 (1)2017-2-12

am6:47
019 (1)2017-2-12
プロフィール

koba2575982take

Author:koba2575982take
人には旅の思い出の風景や、イベントでの感動シーン!
または、身近な公園などでの花や蝶・・・
まぶたに焼き付いた絵があります。
いずれ私こと「武爺(タケジィ)」は年老いて忘れてしまうかも知れない?
この場を借りて、カメラのレンズを透して残した心の映像をしまって置く金庫箱にしたい。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR